ORCIDは、研究者を識別するためのユニークなデジタル識別子であり、学術界での研究成果の管理や発信に不可欠なツールです。本記事では、ORCIDの基本概要について詳しく解説します。

ORCIDの基本概要

ORCIDとは?

ORCID(オーキッド:Open Researcher and Contributor Identifier)とは、世界中の研究者に対して固有の識別子(ID)を付与することを目指している国際的な非営利団体です。このORCIDは、もともと、研究者それぞれに固有の識別子(ID)を付与することで、同姓同名や同一の漢字表記など「名前が持つ曖昧さという問題点(Name ambiguity problem)」を解決し、ある一人の研究者を特定するため、このような活動が開始されました。

研究者は、論文やデータセット、研究プロジェクト、特許など、多くの学術的成果を発表しますが、これらの成果が正確に誰のものかを識別することは非常に重要です。特に、多くの研究者が同じ名前を持つ場合、その識別は困難を極めます。ORCIDは、16桁の数値からなるユニークな識別子を提供することで、この問題を解決します。この識別子は、研究者の名前や所属機関、研究成果などに関連付けられ、学術コミュニティ内での一貫した識別と認証を可能にします。

ORCIDの公式ウェブサイトでは、誰でも無料でアカウントを作成し、ORCID iDを取得することができます。この識別子を取得することで、研究者は自分の業績を正確に管理し、他の研究者や機関からの認知度を向上させることができます。また、ORCIDは多くの学術機関や出版社と連携しており、研究成果の管理と発信において重要な役割を果たしています。

ORCIDの目的

ORCIDの主な目的は、以下の通りです:

  • 研究者の識別:重複した名前や類似した名前を持つ研究者を区別し、正確に識別することができます。これにより、研究者の業績が正確に認識され、公平な評価が行われます。
  • 研究成果の一元管理:論文やプロジェクト、データセットなどの成果を一元的に管理し、可視化することができます。これにより、研究者自身や他の研究者、資金提供機関などが研究成果を容易に追跡し、評価することができます。
  • 研究者の認知度向上:研究者の業績を可視化し、他の研究者や機関からの認知度を向上させることができます。これにより、研究者は自身の専門分野における影響力を拡大し、新たな協力機会を得ることができます。

ORCIDの特徴

ORCIDの主な特徴は以下の通りです:

  • ユニークな識別子:16桁の数値からなる一意の識別子であり、世界中のどの研究者も同じIDを持たないため、正確な識別が可能です。
  • 無料で利用可能:ORCIDの登録と利用は無料で行えます。研究者は費用を気にせずに自分の業績を管理できます。
  • オープンアクセス:ORCIDのデータはオープンアクセスであり、誰でも利用可能です。これにより、学術コミュニティ全体がデータにアクセスし、利用することができます。
  • 広範な連携:出版社、大学、研究機関、資金提供機関など、多くの組織と連携しており、学術界全体での認知度が高いです。この連携により、研究成果の管理と発信がより効果的に行えます。

ORCIDの利用方法

ORCIDの利用は非常に簡単です。研究者はまず、ORCIDの公式ウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成します。アカウント作成後、研究者は自身のORCID iDを取得し、これを学術的な成果や活動にリンクさせます。例えば、論文の投稿時や資金申請時にORCID iDを提供することで、これらの成果が自動的にORCIDプロファイルに追加されます。

具体的には、ORCIDのウェブサイトでアカウントを作成し、基本的な個人情報を入力することで、簡単にORCID iDを取得できます。取得した識別子は、論文やデータセットの投稿時に使用するだけでなく、学術イベントやプロジェクト申請など、さまざまな場面で活用することができます。これにより、研究者は自分の業績を一元的に管理し、必要な情報を一度入力するだけで済むため、時間と労力を節約できます。

また、ORCIDは多くの学術機関や出版社と連携しているため、研究者は一度ORCID iDを登録するだけで、複数のプラットフォームでの情報管理が容易になります。これにより、研究者は自分の業績を効果的に発信し、他の研究者や機関からの認知度を向上させることができます。

ORCIDの歴史と背景

活動の開始と背景

ORCIDの活動は、研究者の同姓同名や名前の曖昧さを解決するために始まりました。活動以前は、主にメールアドレスでの判断に頼っていましたが、ORCIDによって固有の識別子が付与されることで、研究者の識別が正確になりました。

ORCIDは、2010年に設立された国際的な非営利団体です。その設立背景には、研究者の名前の曖昧さという問題がありました。同姓同名の研究者が多く存在する中で、論文や研究成果を正確に誰のものか識別することは困難でした。特に、研究者が異なる名前のバリエーションを使用したり、名前が変わったりする場合、この問題はさらに複雑化しました。

ORCIDの設立以前、研究者の識別は主にメールアドレスや所属機関によって行われていましたが、これには限界がありました。メールアドレスは変更されることがあり、所属機関も変わることがあります。これにより、研究者の成果を一貫して追跡することが難しくなっていました。ORCIDは、この問題を解決するために設立され、研究者に一意の識別子を提供することで、研究成果の正確な追跡と管理を可能にしました。

ORCIDの活動は、多くの学術機関や出版社から支持を受けており、その利用は急速に拡大しています。現在、ORCIDは世界中の研究者に利用されており、多くの学術論文やデータベースでORCID iDが使用されています。これにより、研究者の識別と成果の管理がより効果的に行われるようになりました。

ORCIDの登録方法

簡単な登録手順

ORCIDのサイトでは、簡単な登録手順を経るだけで固有のIDが付与されます。登録後、http://orcid.org/の後ろにIDを続けることで、Web上でその人の登録された情報を閲覧することができます。

具体的な登録手順は以下の通りです:

  1. ORCID公式ウェブサイトにアクセス:まず、ORCIDの公式ウェブサイト(https://orcid.org)にアクセスします。
  2. アカウント作成:ウェブサイト上の「Register」ボタンをクリックし、アカウント作成ページに進みます。
  3. 必要情報の入力:氏名、メールアドレス、パスワードなどの必要情報を入力します。これらの情報は、後で変更することも可能です。
  4. ORCID iDの取得:登録が完了すると、16桁のORCID iDが自動的に割り当てられます。この識別子は、研究者個人の固有のIDとして使用されます。

登録が完了したら、研究者は自身のORCIDプロファイルを編集し、詳細な情報を追加することができます。例えば、所属機関、研究分野、過去の業績などを入力することで、プロファイルを充実させることができます。また、ORCID iDを学術論文や研究プロジェクトの提出時に使用することで、これらの成果が自動的にプロファイルに追加されます。

ORCIDは、多くの学術機関や出版社と連携しており、登録されたORCID iDは広く認識されています。これにより、研究者は自分の業績を一元的に管理し、他の研究者や機関からの認知度を向上させることができます。

ORCIDと他の識別子との違い

ORCIDの優位性

ORCIDは、他の識別子とは異なり、学術コミュニティ内で広く認知されており、多くの外部サービスと連携しています。これにより、研究成果の管理と発信が容易になります。

他の識別子と比較して、ORCIDは以下の点で優れています:

  • 広範な連携:ORCIDは、多くの学術機関、出版社、資金提供機関と連携しており、研究成果の管理と発信において広く利用されています。例えば、PubMed、CrossRef、DataCiteなどの主要なデータベースやサービスと連携しており、研究者の成果が正確に追跡されます。
  • ユニークな識別子:16桁の数値からなる一意の識別子であり、他の識別子と混同することがありません。これにより、同姓同名の研究者を正確に識別することができます。
  • 無料で利用可能:ORCIDの登録と利用は無料で行えるため、研究者は費用を気にせずに利用することができます。これにより、ORCIDは多くの研究者に利用され、学術コミュニティ全体で広く認識されています。
  • オープンアクセス:ORCIDのデータはオープンアクセスであり、誰でも利用可能です。これにより、学術コミュニティ全体がデータにアクセスし、利用することができます。

他の識別子には、例えばResearcherIDやScopus Author IDがありますが、これらは特定の出版社やデータベースに限定されることが多く、広範な連携が難しい場合があります。ORCIDは、これらの識別子とも連携しており、研究者が一つの識別子で複数のプラットフォームを利用できるようにすることで、研究成果の管理と発信を効率化しています。

ORCIDの書き方

ORCID iDを正しく表示する方法について説明します。ORCID iDは、研究者の業績を正確に識別し、管理するために非常に重要です。以下の手順に従って、ORCID iDを正しく表示してください。

ORCID iDの基本構造

ORCID iDは、以下のような構造を持つURLです:

このURLには、ORCIDのロゴ、プロトコル(https://)、ドメイン(orcid.org)、そして16桁の識別子が含まれます。

ORCID iDのロゴの使用

ORCID iDのロゴは、識別子の左側に配置します。ロゴの使用に関するガイドラインに従い、適切なサイズと色で表示してください。以下は、ロゴの一例です:

ORCID iDの完全な表示

ORCID iDを完全に表示する場合は、以下のようにロゴとテキストを組み合わせて使用します:

URL構造の理解

ORCID iDのURL構造は以下の通りです:

  • プロトコル:https://
  • サブドメイン:www
  • ブランドドメイン:orcid
  • トップレベルドメイン:org

ORCIDの利便性とメリット

研究成果の一元管理

ORCIDを利用することで、研究者は異なるプラットフォームや機関での成果を一つのORCID iDに統合し、煩雑な手続きを簡略化できます。また、研究者の業績が可視化され、他の研究者や機関からの認知度が向上します。

ORCIDの利便性とメリットは以下の通りです:

  • 成果の統合管理:研究者は、異なるプラットフォームや機関での成果を一元的に管理できます。例えば、複数の学術論文を異なる出版社に投稿する場合でも、すべての論文が一つのORCID iDに紐付けられるため、研究者の業績が正確に追跡されます。
  • 煩雑な手続きの簡略化:ORCID iDを使用することで、論文投稿や資金申請の際に必要な情報を自動的に入力できます。これにより、手続きが簡略化され、研究者は本来の研究活動に集中することができます。
  • 認知度の向上:ORCID iDを使用することで、研究者の業績が可視化され、他の研究者や機関からの認知度が向上します。これにより、新たな協力機会や研究資金の獲得が期待されます。
  • 広範な連携:ORCIDは、多くの学術機関や出版社と連携しており、研究者の成果が広く認識されます。これにより、研究者は自分の業績を効果的に発信し、学術コミュニティ全体での評価を受けることができます。
  • データのオープンアクセス:ORCIDのデータはオープンアクセスであり、誰でも利用可能です。これにより、研究者の成果が広く共有され、学術コミュニティ全体の発展に寄与します。

ORCIDを活用した研究成果の管理

成果の正確な追跡

ORCIDは、研究者の成果を正確に追跡し、一元的に管理することができます。これにより、研究者の貢献度を正確に評価することができます。

ORCIDを活用することで、研究者は以下のように研究成果を効果的に管理できます:

  • 成果の一元管理:ORCID iDを利用することで、論文、データセット、研究プロジェクト、特許など、さまざまな学術的成果を一元的に管理できます。これにより、研究者は自分の成果を容易に追跡し、必要な情報を迅速に提供できます。
  • データの自動連携:ORCIDは多くのデータベースや学術機関と連携しており、研究者がORCID iDを使用することで、成果データが自動的にプロファイルに追加されます。これにより、手動でのデータ入力の手間を省き、正確なデータ管理が可能になります。
  • 業績の可視化:ORCIDプロファイルには、研究者のすべての成果が一覧として表示されるため、研究者自身や他の研究者、資金提供機関などが業績を容易に確認できます。これにより、研究者の貢献度が正確に評価され、適切な評価を受けることができます。
  • 研究成果の共有:ORCIDはオープンアクセスデータを提供しており、研究者の成果は広く共有されます。これにより、他の研究者や学術機関との協力が促進され、研究コミュニティ全体の発展に寄与します。

ORCIDと論文執筆

論文との紐付け

論文の投稿時にORCID iDを提供することで、研究者の成果が自動的にORCIDプロファイルに追加され、正確な紐付けが行われます。

ORCIDを利用することで、論文執筆とその管理が以下のように効率化されます:

  • 論文の正確な識別:ORCID iDを論文に紐付けることで、誰がその論文を書いたかを正確に識別できます。これにより、同姓同名の研究者との混同が避けられ、研究者の業績が正確に認識されます。
  • 投稿手続きの簡略化:多くの出版社は、論文投稿時にORCID iDの提供を求めており、これにより投稿手続きが簡略化されます。研究者は一度ORCID iDを登録するだけで、必要な情報が自動的に入力されるため、手続きの手間を省くことができます。
  • 成果の自動更新:ORCIDと連携している出版社では、論文が公開されると自動的にORCIDプロファイルに追加されます。これにより、研究者は自分の業績を手動で更新する必要がなくなり、常に最新の情報を保持できます。
  • 研究者の認知度向上:ORCID iDを使用することで、論文が広く認識され、他の研究者や学術機関からの注目を集めることができます。これにより、研究者の認知度が向上し、新たな研究機会が得られます。

ORCIDと研究者プロファイルの連携

プロファイルの最適化

ORCIDは、研究者プロファイルと連携し、研究成果を一元的に管理することができます。これにより、研究者のプロファイルが最適化され、認知度が向上します。

ORCIDを利用することで、研究者プロファイルが以下のように最適化されます:

  • 一元管理:ORCIDプロファイルは、研究者のすべての成果を一元的に管理し、表示します。これにより、研究者自身や他の研究者、学術機関が業績を容易に確認できます。
  • 自動更新:多くのデータベースや出版社と連携しているため、新たな成果が発表されると自動的にORCIDプロファイルに追加されます。これにより、研究者は最新の情報を常に保持でき、手動での更新作業が不要になります。
  • 詳細な情報提供:ORCIDプロファイルには、研究者の所属機関、研究分野、過去の業績などの詳細な情報を追加できます。これにより、他の研究者や学術機関が研究者の専門分野や貢献度をより深く理解できます。
  • 認知度の向上:ORCIDプロファイルは、オープンアクセスデータとして提供されているため、広く共有されます。これにより、研究者の業績が広く認識され、新たな協力機会や研究資金の獲得が期待されます。

ORCIDと研究機関の連携

機関との統合

ORCIDは、多くの研究機関と連携しており、研究成果の管理と発信において重要な役割を果たしています。

研究機関とORCIDの連携により、以下の利点があります:

  • 成果の正確な追跡:研究機関は、ORCID iDを利用することで、所属する研究者の成果を正確に追跡できます。これにより、研究機関全体の業績を正確に評価し、効果的な管理が可能になります。
  • データの統合管理:ORCIDは多くのデータベースと連携しているため、研究機関は研究者の業績データを一元的に管理できます。これにより、研究成果の可視化が進み、研究者の評価が正確に行われます。
  • 効率的な資金管理:研究機関は、ORCID iDを利用することで、研究資金の申請や管理が効率化されます。例えば、資金提供機関は、ORCID iDを利用して助成金の受給者を正確に追跡し、その成果を評価できます。
  • 国際的な連携:ORCIDは国際的に認知されているため、研究機関は他の国際的な機関と容易に連携できます。これにより、研究者の国際的な協力が促進され、研究の質が向上します。
  • プライバシーとセキュリティ:ORCIDは、研究者のプライバシーとデータのセキュリティを重視しており、研究機関も安心して利用できます。これにより、データの保護と管理が確実に行われます。

ORCIDと出版社の連携

出版社との協力

ORCIDは、多くの出版社と連携しており、論文の投稿時にORCID iDを提供することで、研究成果の正確な追跡と管理が可能になります。

出版社とORCIDの連携により、以下の利点があります:

  • 論文の正確な識別:出版社は、論文投稿時にORCID iDを要求することで、著者の識別を正確に行います。これにより、同姓同名の著者間での混同が避けられ、論文の正確な評価が行えます。
  • 投稿手続きの簡略化:研究者は、一度ORCID iDを登録するだけで、出版社への論文投稿手続きが簡略化されます。必要な情報が自動的に入力されるため、投稿プロセスが迅速に行われます。
  • 自動更新:論文が公開されると、出版社は自動的にORCIDプロファイルに論文情報を追加します。これにより、研究者は手動でのデータ更新の手間を省くことができ、常に最新の業績情報を保持できます。
  • 研究者の認知度向上:出版社との連携により、研究者の論文が広く認識され、他の研究者や学術機関からの注目を集めることができます。これにより、研究者の認知度が向上し、新たな研究機会が得られます。
  • データの統合管理:出版社は、ORCID iDを利用することで、著者のデータを一元的に管理できます。これにより、出版プロセスの効率化が図られ、データの正確性が向上します。

ORCIDを活用した資金申請

助成金の管理

ORCIDは、Fundrefなどの外部サービスと連携しており、研究者の助成金の管理と申請を効率化します。

資金申請において、ORCIDの利用は以下のように役立ちます:

  • 助成金の正確な追跡:ORCID iDを利用することで、資金提供機関は助成金の受給者を正確に識別し、その成果を追跡できます。これにより、助成金の効果的な利用と評価が可能になります。
  • 申請手続きの簡略化:研究者は、資金申請時にORCID iDを提供することで、必要な情報が自動的に入力され、申請手続きが簡略化されます。これにより、申請プロセスが迅速に行われ、研究者の負担が軽減されます。
  • 成果の可視化:ORCIDプロファイルには、受給した助成金とその成果が一覧として表示されるため、資金提供機関は研究者の貢献度を正確に評価できます。これにより、研究者の業績が広く認識され、新たな助成金の獲得が期待されます。
  • 国際的な連携:ORCIDは国際的に認知されているため、資金提供機関は他の国際的な機関と容易に連携できます。これにより、研究者は国際的な資金源を利用する機会が増え、研究の質が向上します。
  • データの統合管理:ORCIDは、多くのデータベースと連携しているため、資金提供機関は研究者の業績データを一元的に管理できます。これにより、資金提供の効率化と効果的な管理が可能になります。

ORCIDの活用事例

ORCIDの活用事例として、様々な研究機関や出版社、資金提供機関との連携による成果管理の事例が挙げられます。

具体的な活用事例は以下の通りです:

  • 学術機関での活用:多くの大学や研究機関がORCIDを導入しており、研究者の業績管理に利用しています。例えば、ハーバード大学では、研究者の論文やプロジェクトがORCID iDと紐付けられ、業績の正確な追跡が行われています。
  • 出版社での活用:主要な学術出版社は、論文投稿時にORCID iDを要求しています。これにより、論文の著者が正確に識別され、論文情報が自動的にORCIDプロファイルに追加されます。例えば、SpringerやElsevierなどの大手出版社がORCIDを採用しています。
  • 資金提供機関での活用:資金提供機関は、助成金の申請時にORCID iDを要求し、研究者の成果を追跡しています。これにより、助成金の効果的な利用と評価が可能になります。例えば、米国国立衛生研究所(NIH)は、ORCIDを利用して助成金の管理を行っています。
  • データベースでの活用:主要な学術データベースは、ORCID iDを導入しており、研究者のデータを正確に管理しています。例えば、PubMedやScopusなどのデータベースがORCIDと連携しています。
  • 国際的なプロジェクトでの活用:国際的な研究プロジェクトでは、ORCID iDを利用して研究者の貢献度を正確に評価しています。これにより、国際的な連携が促進され、研究の質が向上します。

ORCIDの今後の展望

ORCIDは、今後さらに多くの機関や出版社と連携し、研究者の識別と成果管理の標準となることが期待されています。また、AIやデータ解析技術との連携により、研究成果の分析や可視化が進むことも予想されます。

ORCIDの今後の展望は以下の通りです:

  • 連携の拡大:ORCIDは、さらに多くの学術機関、出版社、資金提供機関と連携し、研究者の識別と成果管理の標準となることが期待されています。これにより、研究者はより多くのプラットフォームでORCIDを利用できるようになります。
  • AIとデータ解析技術の導入:AIやデータ解析技術との連携により、研究成果の分析や可視化が進むことが予想されます。これにより、研究者は自身の業績をより効果的に発信し、他の研究者や機関からの評価を受けやすくなります。
  • プライバシーとセキュリティの強化:ORCIDは、研究者のプライバシーとデータセキュリティをさらに強化することが求められています。これにより、研究者は安心してORCIDを利用できるようになります。
  • 国際的な連携の促進:ORCIDは、国際的な連携を促進し、研究者の国際的な協力を支援します。これにより、国境を越えた研究プロジェクトが増え、研究の質と影響力が向上します。
  • 教育と普及活動:ORCIDは、研究者や学術機関への教育と普及活動を強化し、ORCIDの利用を促進します。これにより、ORCIDの認知度が向上し、多くの研究者が利用するようになります。

まとめ

ORCIDは、研究者にとって必須のデジタル識別子であり、学術的な成果の管理や発信において重要な役割を果たします。ユニークな識別子であるORCID iDを利用することで、研究者は自身の業績を一元的に管理し、認知度を向上させることができます。今後もORCIDの利用は拡大し、学術コミュニティにおける標準となることが期待されています。